飾らない普段着で、マイペースなブログ。


by prime2006
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NO MORE TEARS / PERSONZ

NO MORE TEARS / PERSONZ             f0063765_11471549.jpg 
ノー・モア・ティアーズ / パーソンズ                   
 
1989年のパーソンズの3rdアルバム。  

PERSONZの公式サイト
http://www.personz.net/


ヴォーカルのJILLさんのブログもあり
サイトもデパートみたいで面白いです♪






NO MORE TEARS / PERSONZ   
   
TEARS (Reminiscence)
MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS
7 COLORS (Over The Rainbow)
BELIEVE
ROCK MY HEART
DEAREST BOY
BIG COUNTRY
TO THE 1999:XANADU
PIECE OF TEARS
TOKIO'S GLORIOUS
WONDERFUL MEMORIES
DEAR FRIENDS

このアルバム、ジャケットもかなり気に入ってます。
パーソンズ自体もこのアルバムでブレイクしたと思います。
前にも紹介した渡辺美里さんが自分の周りでは男子に人気なら
パーソンズは女子にファン層が多かったと思います。
ヴォーカルのJILLさんはすごい唄が上手で
声量もかなりあります。
はじめて聴いた時は、和製シンディー・ローパーみたいでした。
今は脱退されてますが本田毅さんのギターサウンドは
本当にきらびやかで艶っぽく、布袋さんのギターにも
負けず劣らずで、今も好きなギタリストのひとりです。

このアルバムは、中学生の頃BOOWY(BOφWY)を集中的に
聴いていましたが、高校生になる頃には解散してしまい、
(しかも入学式が"LAST GIGS"と同じ日(T△T))
ポストBOOWYを探してるうち、BOOWYのサポートギターも
したことのある本田毅さんが在籍しているバンドということで
目をつけました。
…で、まだよくわからないうちに大冒険で
初めて買ったパーソンズのこのアルバム。
1曲目、オルゴールで始まるオープニング…。
そしていきなりギターサウンド全開で本領発揮の
「MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS」!!

大正解!!!\(*T▽T*)/
かっちょええぇっ~~~!!O(≧∇≦)O

求めていたサウンドや、世界観に一番近かったかも。
でも、詩も良く見るといいんですよね。
ただ、この頃はギターにハマリ出しの頃で
バンド形態のアーティストはギターにどうしても目と耳が…(^ ^;Δ
当時、バンドブームでしたが
こりゃちょっと真似できないってレベルでした。
まぁ、ギターに関しては。なんですが。
テクニックもさることながら、ギターの音。
この音に近い音出すだけでもおそらく何十万(何百万?)もかかります。
かなり後にバンドでもパーソンズを何曲かやる事になり、
ギターの機材に5~6万かけましたが
はっきりいって、足元にも及びませんでした。(使い方が悪い?)
あと、初めて買ったギターが黒のストラトタイプなんですが
当時、本田さんの使用してたギターにそっくりだったんで
よけいに嬉しく思ってました(偶然ですケド…)

数年後、途中で本田さんが脱退した時は、かなりショック。 ○| ̄|_
でもその後は氷室さんのバックにいたりと、いまだ現役バリバリです。
パーソンズのバックには布袋さんがチラホラ。(プロデュースやバックベースなど)

で、このアルバムで1曲となれば、難しいんですが
「7 COLORS (Over The Rainbow)」かなぁ…(自信なし)
バンドで演った時ウケが良かったんで。
…というか、知名度が高かったんだとおもいます。
もちろんそれだけでなく、詩も曲もいいです。
夢見てる女のコの無敵感がメロディアスなリズムで
気持ちよく奏でられてます。

……あぁぁ…ライヴに行きたいなぁ… ノ(´д`)






7 COLORS (Over The Rainbow)
                     作詞 JILL
                     作曲 渡辺貢

教室の片隅で 花咲く夢物語
時の経つのも忘れて 夢中で話したシンデレラストーリー
あなたと同じ空の下で
色づく想いが 薔薇色にはずむ

夢見がちな少女達 ページを切り抜いては
季節の花 変わるように
はしゃいだ想いは セピアに変わる

七色の夢に染まるプリズム 空に架かる虹さえ かなわない

OVER THE RAINBOW 七つの色 変わり続けて
クルクル廻る子猫の瞳のように
OVER THE RAINBOW どこまでも 果てしない空
虹の橋を飛び越えて その向こう側へ

あどけない横顔が 涙で曇る時は
思い出して 雨上がり 雲を蹴散らした虹の色を
曇り空もいつか晴れて
まぶしい日差しが浮かぶわ きっと…

七色の夢に染まるプリズム 空に架かる虹さえ かなわない

OVER THE RAINBOW 七つの色 変わり続けて
クルクル廻る子猫の瞳のように
OVER THE RAINBOW どこまでも 果てしない空
虹の橋を飛び越えて その向こう側へ・・・

[PR]
by prime2006 | 2006-03-02 15:44 | music~CDや音楽